事業案内

地盤調査

業務内容(サービス内容)

地盤とは、地殻の表層部、地表からある深さまでの土層または地層であり、施設・建造物などを支える基礎となる土地のことです。この地盤が人の生活圏周辺で崩壊すると大きな災害に直結します。

地盤調査とは、地域住民の利便性向上や自然災害から生命・財産を守るために計画される公共設備に対し、地形・地質の観点から地盤特性や斜面山地の災害評価を行うとともに、設備の設計施工に対し適切な提案を行うための調査です。

当社では、官公庁発注の業務のみならず、北陸電力㈱の発電、送電、変電、配電設備の地盤調査を実施しています。これらの調査計画立案、現地調査、解析業務に幅広く携わることで、様々なノウハウや技術を蓄積しています。

例えば道路やトンネル及び各種設備の計画がある場合、計画ルート周辺の山地や斜面を広域的に調査する必要があります。この広域的な調査の手法に空中写真判読や地表地質踏査があります。

空中写真判読により広域的に地形的特徴をつかみ地形的課題を抽出することで、効率的な地表地質踏査が可能となります。また、地表地質踏査を踏まえたうえで、その他必要となるボーリング調査等、詳細な地質調査について提案いたします。

技術紹介

空中写真判定

道路やトンネルなど設備計画がある場合、これら設備計画のルート周辺の山地や斜面を広域的に調査する必要があります。広域的な調査の手法の一つに空中写真判読があります。空中写真の立体視により地形の特徴を把握することで、地すべり地形の分布を抽出、また土石流の発生予測など自然災害のリスクについて評価判定を行ないます。

空中写真判読
(空中写真判読)

実績紹介

事業名年度発注者
富山公共下水道松川処理分区 雨水貯留施設導水管土質調査平成23年度富山市上下水道局様

担当者から

当社では、特に地すべりなどの斜面災害リスクを考慮した構造物計画、リスク回避のための調査に重点を置き、これまで多くの空中写真判読を行ない、地形判読技術の向上を図ってきました。判読作業には経験豊富な応用地形判判読士が対応し、広範囲の地形的特徴を高精度に判読評価いたします。これにより効果的な現地踏査の実施が可能となり、その他必要な地質調査の提案にも役立ちます。

服部 貴志

page
top