わたしたちの提案
介護福祉施設

今、求められる介護福祉施設・高齢者住宅とは?

1.超高齢化社会

高齢化が進行し、高齢者人口・高齢化率が年々増え続ける中、要介護者、単身高齢者も急増しています。団塊の世代が高齢者となり、2040年頃に迎えると考えられる高齢者人口のピークに向けて、ご本人はもちろん、ご家族・地域社会の皆様にとって、介護・高齢者の住まいは大きな課題となっています。

私たちHGC建築設計事務所は、介護福祉施設・高齢者住宅の建設設計を通し、お年寄りが安心・安全に過ごせる空間づくりをご提案いたします。

高齢化の推移と将来推計 出典:平成27年版高齢社会白書
高齢化の推移と将来推計
出典:平成27年版高齢社会白書

 

2.快適性・豊かさ・プライバシー・尊厳

団塊の世代が、高齢者となった現在、介護福祉施設・高齢者住宅に対するニーズは、ますます多様化すると考えられます。

今、介護福祉施設・高齢者住宅は、選ばれる時代です。従来の「施設」らしさから、「住まい」としての快適性、空間の豊かさ、プライバシー・尊厳がさらに重要視されると考えます。

3.事業性

3年毎の介護報酬改正を受け、福祉事業者の経営は、より確かな事業性を求められ、安心の介護サービスはもちろん、業務の効率化も最重要課題です。

建築設計が事業経営に貢献できるポイントは数多くあります。イニシャルコストはもちろんですが、ランニングコストも重視し、高効率機器などの空調・給湯設備をはじめとした設備のご提案や、スタッフのサービス導線を考慮した設計提案を心がけてまいります。

4.6C

HGC建築設計事務所では、6Cを重視し、高齢者をはじめとした「利用者の皆さま」、「福祉事業者の皆さま」、「地域社会の皆さま」に求められる介護福祉施設・高齢者住宅をご提案したいと考えています。

HGC建築設計事務所の介護福祉施設・高齢者住宅
HGC建築設計事務所の介護福祉施設・高齢者住宅

5.日本版CCRC

現在、ニュース等でも取り上げられ、話題となっている「日本版CCRC」。

地方創生の大きなきっかけとして、注目されています。さまざまな課題ありますが、「日本版CCRC」の大きな可能性を広げ、生きがいを感じられる住み良い、総合的なまちづくり提案に取り組んでまいります。

page
top