戸惑いも 不安も
すべてが未来の自分の糧になる
Y.S.
2017年入社 HGC建築設計事務所

入社を決めた理由

大学で建築デザインを学び、建築設計の仕事ができることを基準として就職活動をしていました。最終的に、オフィスビルや福祉施設、発電施設など、幅広い建物の設計ができる当社の仕事が面白そうだと思い、入社することを決めました。
会社説明会で話を聞いた先輩社員の方々の雰囲気がよかったことや、福利厚生や資格支援制度が手厚いことも、決め手のひとつになりました。

仕事内容とやりがい

入社後2年半は通信設計部で、通信基地局の設計、監理業務を担当しました。その後、HGC建築設計事務所に異動になり、福祉施設の改修工事や、発電所の改修工事などの設計、監理を担当しています。HGC建築設計事務所ではひとつの物件に対して設計と監理を基本的に同じ担当者が受け持つので、設計段階で自分がお客さまといっしょに考えたことが監理をして実際に形となっていくところを見ると、やりがいを感じられます。まだ新築の建築物を設計監理として一貫して担当したことがないので、今後、新築物件で自分の作成した図面が形になっていくところを見てみたいと思っています。

仕事で大変だっとこと

納期の短い案件が膨大な量で突然入り、対応に迫られた時がありました。その時は、「これは終わるのだろうか…」と不安に思ったことがあります。しかし、困難なことがあっても、チームで仕事を行っているので一人で抱え込むことはありませんでした。チェックリストを作成し、スケジュールを立て、みんなで協力してやり切ったときには大きな達成感がありました。

仕事を通して、成長を感じた経験はありますか?

最初に配属された通信設計部では、入社前に希望していた意匠設計の仕事と違い正直戸惑いました。でもいま、異動して初めて設計から監理まで一貫して携わることができ、監理について一人で現場に通う日々の中で、前の部署や試験勉強で学んだことが現場でつながり、対処できたときに自分の成長を感じました。どんなことも無駄じゃないんだな、これからも何でも幅広く経験して知識を蓄えることができたらいいなと思いました。

会社の自慢できる点

会社として資格取得支援制度があるだけでなく、みんなで資格を取っていこうという向上心のある職場だと思います。一級建築士の資格を持っている先輩がたくさんいるため、自分も一級建築士に挑戦するときには、先輩方からたくさんアドバイスをもらいました。「今日、資格学校の授業あるよね?早く帰っていいよ~」といった配慮をしてもらうこともあり、とてもあたたかい職場です。また、福利厚生制度も充実していて、私はフレックス制度を活用しています。毎日、時差通勤として、少し早めに出社し、忙しくなければその分早めに退社しています。朝の人が少ない時間の方が静かで仕事がはかどる気がしています。フレックス制度は活用している方が多くいて、それぞれ自分のスケジュールに合わせて勤務時間を調整することができるのは、当社のいいところだと感じています。

就活生へのアドバイス

自分が今後仕事をしていくうえで何を大事にしたいかの基準を明確にして、自分ならではの軸でいろんな企業を見てみるといいと思います。たくさんの企業を見ていくうちに自分の目指す将来像が見えてきて、自分を見つめ直すいい機会になると思います。頑張ってください。

ENTRY

募集要項

新卒採用 募集要項
中途採用 募集要項
CONTACT

採用に関するお問い合わせ

ENTRY 新卒・中途