採用情報

挑戦できる社風

挑戦できる社風

若い力が活躍する北電技術コンサルタント。入社 1 年目、2 年目の社員はどんな仕事をしているのか、仕事のやりがいは、そして会社の雰囲気は? 座談会形式で語ってもらいました。

若手社員座談会

 

若手写真座談会参加者

左から
万丈 俊吾 通信設計部 平成 28 年度入社
梅澤 優美 第二土木部 設計第四グループ 平成 28 年度入社
藤井 祐希奈 HGC 建築設計事務所 平成 27 年度入社
河端 建次郎 第一土木部 設計第一グループ 平成 27 年度入社
近岡 利樹 第二土木部 設計第四グループ 平成 27 年度入社

仕事内容は?

座談会参加者万丈(通信設計部):私は建築の中でも構造設計の仕事がしたくて、当社に入社しました。現在は通信鉄塔の構造設計を担当しています。このような仕事は全国的に見てもできるところは少ないと聞いているので、よい体験ができているなと感じています。

分からないことが多く不安もありましたが、上司や先輩に教えてもらいながらやり方を覚えました。先日はじめて現場に行きました。自分が設計した通りにできあがっているのを見てうれしかったです。

 

座談会参加者梅澤(土木部):私は大学で地球学を専攻していて、自分の学んだことを活かしたいと思って就職活動していました。土木のことは何も分からなかったのですが、同じ研究室の先輩がこの会社にいることを知り興味が湧きました。お話しを聞いて「いい会社だな」と思いました。

いま水力発電の可能性調査をしています。大学時代の専攻とは違う分野ですが、コンサルタントとして幅広い課題に対応できる技術者になるためには、色々吸収する必要があると思っています。できないことが多くつらく感じることもありますが、自分が関わった業務の報告書が形として出てきたときはうれしかったです。自分の仕事がみんなの生活の役に立つのがおもしろさですね。

 

座談会参加者河端(土木部):砂防設備の長寿命化に携わっています。いまの業務は県内でも初めての事業で、前例がなく未知な部分が多いのですが、やりがいがあります。去年は業務をやりとげるだけで精一杯でしたが、今年は業務の理解を深められるようにしています。まだ重要な部分の具体的な設計をしたことがないのでできるようになりたいです。

座談会参加者近岡(土木部):発電所の水路の設計、ダム設備の更新設計や保守設計をやっています。私は中小水力発電の設計がしたくて入社して、今年それができる部署に異動になりました。土木の仕事はできあがるまでに長い時間がかかるので万丈君のように自分で計算したものが形になることがまだないのですが、いずれは計画から実施設計までひとつの発電所のすべてに関われたらと思います。

座談会参加者藤井(建築):私は事務所ビルの設計計画に携わっています。会社のなかでも大きな案件で、携わる人も多く、いろんな人の意見を聞いてまとめるのがたいへんですが、先日お客様から「まじめにやってるね」とお褒めの言葉をいただいてとてもうれしかったです。

入社して印象が変わった?

入社前は固いイメージ

座談会参加者藤井(建築):入社する前は固い会社だというイメージがありました。入社前研修の時もみなもくもくとパソコンに向かっているという印象でした。でも一緒に仕事をしてみると明るい印象にかわりました。

河端(土木部):社内は会話が多くて雰囲気がいいです。

近岡(土木部):同期だけじゃなくて、会社全体で仲がいい感じですね。異動で部署がかわっても仕事がやりやすいです。

万丈(通信設計部):上司も仕事仲間も分け隔て無く相談し合っているから、新人の僕も相談しやすいです。

梅澤(土木部):入社する前に懇談会があり、そのとき何回も「専攻が土木じゃなくても大丈夫だよ」と声を掛けてもらえて、優しい人が多いなと感じました。入社しても話しやすい人が多くてうれしいです。土木部門では女性は私とひとつ上の先輩の二人だけですが、皆さんやさしくしてくれて困ったことはありません。

会社のいいところは?

座談会参加者近岡(土木部):北電技術コンサルタントは一見何をやっているのか分かりにくいですが、土木や建築の計画や調査・設計に携わるならとてもいい環境だと思います。さまざまな分野に挑戦できるし、仕事と休みのバランスもいいです。

さまざまな専門分野

近岡(土木部):北電技術コンサルタントは業務範囲が広いから、自分の興味のある仕事をする機会があります。そして、それぞれを得意分野とする人がいらっしゃるから、分からないことがあれば部署も役職も関係なく聞きにいくことができて成長につながります。

いろいろな建築に携われる

藤井(建築):HGC 建築設計事務所でもさまざまな建物の設計を経験できます。入社前は福祉施設や北陸電力の関連業務が多いと想像していましたが、そうではありませんでした。去年は中学校の改修、今年は事務所ビルといろいろな設計を経験できています。将来は学生時代からの夢だった福祉施設の設計に携わって経験を積んでいきたいです。

北陸以外の仕事も多い

座談会参加者梅澤(土木部):北陸以外の仕事が多いのが意外でした。全国的に仕事をしているのがいいなと思いました。

近岡(土木部):増えていますね。ぼくはいま山梨と群馬の案件に関わっています。

万丈(通信設計部):通信設計も北陸はもちろん中部、関東と幅広く仕事をしています。これから現場に足を運ぶことが増えそうなので楽しみです。

仕事と休みのバランスがいい

河端(土木部):建設コンサルタントや設計の仕事というと、労働時間が長いイメージがありますが、北電技術コンサルタントではちゃんと休みをとれます。もちろん忙しい時期はありますが、無理矢理な仕事の進め方はありません。

藤井(建築):大学時代の友人達の残業の多さと、ハードさに驚いたことがあります。うちの会社は働きやすいなと思いました。

学生の皆さんにメッセージを

河端(土木部):興味のある会社が何をしているのかをしっかり調べて、自分に合っているかを確認した方がいいと思います。北電技術コンサルタントなら、前向きに物事を進めていくタイプが向いていると思います。

藤井(建築):ホームページを見るだけでは会社のことは分からないので、説明会に行って話しを聞くのがいいと思います。実際に足を運ぶと徐々に雰囲気がつかめます。

近岡(土木部):興味をもったらとにかく聞きにきてもらいたいですね。

 

座談会参加者

page
top