採用情報

先輩社員紹介

福祉施設の建築設計に携わりたい

通信・建築入社3年目

HGC建築設計事務所環境デザイン学専攻

齊藤 千晶

saitou
これが私の仕事

学んだことを活かしつつ、毎日が充実。建築物件の設計に携わっています

OJT担当の先輩をはじめ、チームで一つの案件を担当し様々な建築物件の設計に携わっています。今までに特別養護老人ホームの新築・改修設計、博物館の外壁改修の設計を経験しました。

施主さんのご要望や完成イメージを伺い、基本設計を行います。博物館の外壁改修の際は、建物が古いためにCAD図面がなくトレースすることから始めました。学校で学んできたことに近いところもありますが、まだまだわからないことばかりです。そのため、わからないことは納得できるまで調べ、先輩に聞きます。

先輩が手描きで教えてくださった資料などはコピーして貯め、次に活かします。図面を作成する際も、誰が見てもわかるように意識しています。毎日が新しい発見で、とても充実しています。

一番うれしかったことにまつわるエピソード

初めて任されたプレゼン。自分なりの工夫がお客様に喜んでいただけました。

特別養護老人ホームの改修に携わったときのことです。施主様が「玄関」は来訪された際に一番先に目に入る場所ということでこだわりがあり、先輩から「玄関」のプレゼンテーションを任されました。

チームで試行錯誤するなか、お客様により完成イメージを持っていただきたいと思い、設計図だけではなく学校やインターンで経験した3D図面や手描きのパース図で資料を作成しました。プレゼンテーションが終わり、お客様から「設計図面だけではなく、イメージ図があってとても良かった」と初めてお褒めの言葉を頂くことができました。

今まで学んできたことを、自分なりにアウトプットできるとても良い機会でしたし、何よりもお客様に喜んでいただけたことが嬉しかったです。誰かのために仕事できているんだなと、実感した瞬間でもありました。

私がこの会社を選んだ理由

福祉施設の建築設計に携わりたい。当社の実績、働く環境に惹かれました。

大学、大学院時代から建築設計事務所でインターンに通っていたことが、まず設計業務に興味をもったきっかけでした。大学で学んだことは土木でしたが、インターンで体験した建築物の模型造りや施工現場の見学などがとても楽しく、将来は建築設計の仕事に携わりたいと思っていました。

大学院では福祉関連について学び、福祉施設の設計を多く手掛けている当社に惹かれました。また、働くことを意識したときに、仕事内容だけではなく、福利厚生などがしっかり整っているということや、同期と切磋琢磨できる環境で働けるということも入社の決め手です。面接で自分の気持ちを正直に話すことができ、聞いてくださったことに感謝しています。

先輩からの就職活動アドバイス

自分は何を大切にしたいか

就職活動は自分を見つめなおす良い機会だと思います。自分は何を一番大切にしたいと思っているかを知ることが大事です。また、結果がどうであれ、そこから広がる可能性はたくさんあると思います。就職活動を楽しんで欲しいです。

page
top