採用情報

先輩社員紹介

小水力発電分野をはじめとした事業優位性に魅力を感じました

土木入社3年目

第一土木部農学部

池田 創

ikeda
これが私の仕事

土木に関する設計、調査に携わり一人前のコンサルタントを目指しています

第一土木部に配属となり、先輩のもとで「土木」に関する設計、調査を行っています。今までに河川の流量観測、土石流災害防止のための砂防えん堤の劣化調査、コンクリートの基礎調査を経験しました。大自然の中で調査を行うことが多く、業務にあたり安全にはなによりも気をつけています。

また、調査現場での上司や先輩の会話にも意識しています。地質の良し悪しや岩石の強度、耐久性など社内にいるだけではわからないことがたくさん溢れています。わからないことがわかるようになったときはとても嬉しく、やりがいにも繋がります。

当社では若手のうちから業務を任せてもらえる機会も多く、早く一人前になれるよう目の前の業務には一生懸命に取り組もうと決めています。

一番うれしかったことにまつわるエピソード

初めて任された既設コンクリート基礎の劣化状況及び強度の調査。成長していると実感しました。

入社半年が経った頃、初めて担当業務を任せていただき、成果物の納品を無事終えたときは大変嬉しかったです。変電所施設内に機械を設置するため、既にあるコンクリート基礎の強度及び、劣化状況を調査するという案件でした。コ

ンクリートに関する知識は皆無でしたので、わからないことは先輩や上司に相談しながら進めていきました。コンクリート基礎を壊さずに耐久性を調べるため、目視やシュミットハンマー、RCレーダーなどを用いながらコンクリートの強度調査を行いました。

一番苦労したのは説明するということ。自分が理解できていなければ、お客様にわかりやすく説明するということはできません。相手の立場に立って考えることを意識し、説明に努めました。この経験を通して、大きな達成感と自分の成長実感を得ることができました。

私がこの会社を選んだ理由

小水力発電分野をはじめとした事業優位性に魅力を感じました。

砂漠の緑化に興味を持ち九州の大学へ進み、大学で土木の構造力学の面白さに触れ、ぜひ仕事でも関わっていきたいと思い建設コンサルタントを志望しました。地元・北陸で働きたいと考え、当社のことを知ったのですが、帰省には時間もお金もかかるため頻繁に帰って就職活動をすることはできませんでした。

そんなとき、当社は私のために個別で会社説明会を開いてくださり、多くの先輩社員の方から仕事の話を聞く機会をいただきました。会社説明会をきっかけに当社のことをさらに調べ、小水力発電分野などの強味に大変魅力を感じ、選考への応募、入社を決意しました。

当社では、官公庁や電力施設の仕事に留まらず、民間企業との仕事もあり、様々な経験を得ることができます。常に新しいことに挑戦し、早く土木コンサルタントのプロになりたいです。

先輩からの就職活動アドバイス

自発的に、積極的に、行動を

職場見学などで働く職場を実際に見る機会があると思いますが、いろんな会社の説明会に参加し、比べてみてください。年齢の近い先輩社員の話を聞くことができれば、より働くイメージができると思います。

また、気になることも積極的に質問しましょう。自発的に行動しなければ就職活動はうまくいきません。コミュニケーションが苦手という方も、避けて通らずに様々な機会から情報を仕入れにいってください。

page
top