採用情報

先輩社員紹介

資格取得などの能力開発支援に力を入れていたところ

通信・建築入社6年目

通信設計部環境建築学部 卒

小西 康司

これが私の仕事

携帯電話のアンテナ基地局の設計・審査業務

今では、無くては困る携帯電話ですが、そのアンテナ基地局の設計・審査業務をしています。

携帯電話事業はインフラ事業といってもおかしくない分野であり、建築の設計ではないですが、社会に必要とされている仕事であると実感することが多くやりがいがあると思います。具体的にはアンテナ基地局の建物の構造などや、検査内容の整合性、計算があっているかなどを検討していくことが主な仕事です。

ひとつのアンテナ基地局ができる流れとして、設置される建物の選定から始まり、そこから設計され、設計されたものを基準に沿っているか審査を行っていきます。全国の基地局の設置の審査業務となるので、数もたくさんこなさなくてはいけません。入社3年目ではありますが、やりがいのある仕事を任せてもらっています。

一番うれしかった仕事にまつわるエピソード

設計内容の問題点が解決したとき

IMG_2677現在は審査業務が主な仕事なので、建築の設計自体はしていませんが、数多くの建築は見ています。基地局の審査の過程で、計算書から問題・指摘箇所などがあるか判断し、建築基準法等に準拠したものに修正するよう指示する大きな責任のある仕事を行っています。 まだ、入社3年目であり、先輩社員の方に質問するということが多いですが、問題点に対してどのように計画、設計変更すればよいかなど提案し解決した際などはやりがいを感じます。 短期間で、ある程度数をこなさないといけない仕事なのでスピードを求められます。その点ではとても大変ですし、納期は遅らせることができないので、プレッシャーもありますね。

私がこの会社を選んだ理由

資格取得などの能力開発支援に力を入れていたところ

資格を取るための勉強が、仕事にも役立つことから「資格をとりたい、成長したい」と思う社員が多く、職場もその雰囲気ができています。実際に当社には先輩社員で一級建築士の資格を取られている先輩が数多くいらっしゃいます。 また、専門的な知識を要する仕事であるため、学会や講習会などが開催されている場合、積極的に参加することも可能です。短期間で簡単に取得できる資格ばかりではないため、継続的に意欲を持って取り組めるように、会社全体での雰囲気づくりができていると思いましたし、入社後も改めてそう感じました。 経営計画にもある「感動をよぶサービスの提供」を心掛けており、その一環として求められている技術・知識の習得に力を注いでいける会社であり、魅力的に思いました。

先輩からの就職活動アドバイス

建築業界の全体像を見ることが大切です

建築・建設業界といっても設計者から現場の施工管理まで様々な仕事内容があります。就職活動は、いろんな会社を知ることができるいい機会なので、自分のやりたいといったことを最初から決めてしまうのではなく、多くの会社の説明会に参加して、建築業界の全体像を見ることが大切だと感じました。

そういった経験が会社選びだけでなく入社後も役立つと思います。社会人になり感じたのは大学時代の知識だけでなく、他に大切なことはたくさんあるので、前向きに頑張って下さい。

page
top