採用情報

先輩社員紹介

多くの経験を積み、誰かのためになる建築物を設計できる設計士になりたい

通信・建築入社2年目

通信設計部芸術文化学部

山形 桜水

yamagata
これが私の仕事

携帯電話用無線基地局の調査、設計及び完成までの監理まで

現在は通信設計部に所属し、携帯電話用の無線基地局の調査、設計及び完成までの監理までの建設業務を行っています。なかでもCAD図面の作成が主業務です。

この仕事に就くまでは、無線基地局の存在に気を留めていませんでしたが、街中の至るところにあることを知りました。現在はスキー場やゴルフ場などの山中、工場など、様々な場所にも新設されています。

図面を作成する際には、一日二局を目途に作成していきます。正確さとスピードを求められるため、確認は怠らないように心掛けています。学生の頃はデザインのことばかりを考えていましたが、生産性や機能面、コスト、納期に対する意識が高まりました。大学で学んできたことを活かしながら、幅広い視点を学べることに感謝しています。

一番うれしかったことにまつわるエピソード

自分の手で書き上げた図面をもとに建設され、目にした瞬間。

初めて完成検査に立ち会った際、自分が今まで設計していた無線基地局が建設され、目の前に現れた瞬間、とても感動しました。無事に検査が終了し、検査員欄へ署名をした際には自分の元から巣立っていくんだなと感慨深かったです。

日々必死に仕事に向き合っていると忘れがちなのですが、改めて、自分も成長しているんだなと感じました。図面作成は学生の頃も行っていましたが、実物となり誰かの生活を豊かにすることを実感できることは、この仕事の醍醐味だと思います。

設計だけではなく、建設現場に立ち会うことができたり、建築や土木部門との関わりがあることで、様々な視点を身に付けることもできます。できることが増える分だけ、世の中へ貢献できる幅も広がります。

私がこの会社を選んだ理由

多くの経験を積み、誰かのためになる建築物を設計できる設計士になりたい。

高校生の頃から「建築」に興味があり、誰もが知っていて、見る人に力を与える「建築物」をつくる人はすごいなぁと思っていました。主に設計の仕事がしたいと考えていたのですが、設計をするためには実際の建築現場にも足を運びたい、住宅だけではなく、多くの人が利用するような大きな建物を設計したいと考えるうちに、建設コンサルタントに惹かれました。

当社への入社の決め手は「多くの経験を積めること」です。資格取得へのバックアップも充実していますし、電力施設をはじめ、幼稚園や介護施設などの公共建築物など実績は多岐に渡ります。また、大学の先輩が当社で働いており、「仕事が楽しい」とキラキラされていたことが印象的でした。仕事が楽しいと言えることは単純にすごいと感じます。私も誰かのためになる「設計」をできるよう、頑張ります。

先輩からの就職活動アドバイス

視野を広げて、様々な角度から

就職活動を始めた頃は「やりたいことを決めなきゃ」と思い焦っていましたが、友人から視野を広げてから決めたら良いと言われ、悩みが解決しました。皆さんもまずは自分の視野を広げ、様々な角度から企業や仕事を調べ、興味があれば足を運び自分の目で見てください。誰かに相談することも大切です。頑張ってください。

page
top