実績紹介

魚津電気ビル 新築工事

建築デザイン令和元年度北電産業(株)様
  • 建物概要:本館 鉄骨造地上3階建/別館 鉄骨造地上2階建/
    特殊車輛車庫・一般車輛車庫 鉄骨造平屋建
  • 延床面積:7,882.18㎡
  • 建物用途:事務所(主要部)
  • 竣  工:令和元年(2019年)8月吉日

プランニング

■くの字形状で段差があり、元からあるコンビニエンスストアを取り囲むような敷地のため、建物正面の設定やゾーニングに時間を要しました。

外 観

■建物はスッキリとした直線的なデザインとし、焼杉で縁取ることで周囲の自然環境に溶け込むような佇まいに仕上げました。

■鮮やかな朱色の縦のラインは電力の源となる新川地区を流れる川(早月・片貝・黒部)をイメージしており、豊富なエネルギーが絶えず注がれている様を表現しております。

内 観

■エントランスホールは三層吹き抜け空間になっており、やわらかく温かい日差しが注ぎ込んでいます。

■エントランスホール空間には「たてもん祭り」「立山連峰」「漁師町」「蜃気楼」「藍色の海」「急流河川」をテーマに『魚津らしさ』を表現しており、その息づかいを感じ取って頂ければ幸いです。

「立山連峰(剱岳・雄山・大汝山等)」
「立山連峰(僧ヶ岳・毛勝山・剱岳等)」
「蜃気楼」「藍色の海」     「藍色の梅」         「急流河川」
藍染サイン(コンセプト説明)            コンセプト原案

快適性・省エネ性能

■外壁、屋根、窓は高い断熱・遮断性能を有すると共に、ライトシェルフや採光ブラインドにより直射光による熱の侵入防止と自然光による室内への光の取入れや調湿外気処理による湿度制御などを採用することで、執務環境の快適性の確保と高い省エネ性能(BEI0.7※)を実現している。
(※省エネルギー性能指標。設計一次エネルギー消費量/基準一次エネルギー消費量にて算出)

担当者から

魚津電気ビルは新川地区の電力の「安定供給」及び「災害時の拠点」として、重要な役割を担うことになります。これからも地域の皆様に親しんで頂ける建物になっていってほしいという願いを込めて、エントランスホールには、様々な設えを施しておりますので、一度お立ち寄りくださいませ。

HGC建築設計事務所浅井 勝、藤井 祐希奈

page
top