事業案内

補償調査

業務内容(サービス内容)

補償業務とは公共用地の取得に伴う土地・建物等の調査及び補償金算定を行います。当社では7部門の登録(注1)により、官公庁(国・県・市町村)が施行する都市計画事業等に関連する土地調査・土地評価をはじめ建物移転(物件)、機械工作物、営業補償・特殊補償、事業損失、補償関連すべてをカバーする総合力を活かし、補償業務に関するあらゆるニーズに応え、公共事業の推進、住み良いまちづくりに貢献しています。

物件調査
物件調査

(注1)7部門登録について

  • 土地調査:土地の権利者の氏名及び住所等の調査並びに土地境界確認業務
  • 土地評価:土地の評価及び土地に関する補償金算定業務
  • 物件:建物・工作物・立木・通常損失の調査及び補償金算定業務
  • 機械工作物:機械工作物に関する調査及び補償金算定業務
  • 営業補償・特殊補償:営業補償・特殊補償に関する調査及び補償金算定業務
  • 事業損失:公共事業の施行に伴い生ずる損失の調査及び費用負担の算定業務
  • 補償関連:意向調査・補償説明及び事業認定申請図書等の作成業務

資料

都市計画道路の実施には、現代社会に適合したより安全で経済的な計画が望まれています。当社では土木部門との連携により街路事業推進道路予備設計(経済的な道路ルートの選定)の際に、複数案の補償金算定(概算額)を提案し、道路計画確定後の土地調査から土地評価並びに予備調査・物件調査・移転工法検討を経て各種補償金算定業務を複数の補償業務管理士(延べ14人)が実施しています。

国道8号入善黒部バイパス
国道8号入善黒部バイパス
都市計画道路草島西線
都市計画道路草島西線

技術紹介

当社では、官公庁の業務以外に北陸電力㈱の発電所・送電・変電施設の工事に伴う補償調査算定(物件調査、事業損失等)を実施しています。これらの調査算定業務で得た経験・知識を活かし、官公庁・一般の補償業務を対応しています。

また、担当する補償業務管理士は複数の国家資格(一級建築士、測量士等)を保有し、複合業務(機械工作物・営業補償等の複数部門に関連する業務)に対して、現状機能を確保するより経済的な移転工法を提案し、補償算定を実施しています。

実績紹介

事業名年度発注者
都市計画道路牛島蜷川線街路総合交付金物件調査算定委託その3業務平成24年度富山土木センター様
8号入善黒部バイパス(岡地区)建物調査等業務平成19年度国土交通省 富山河川国道事務所様

8号入善黒部バイパス(岡地区)建物調査等業務

平成19年度 / 国土交通省 富山河川国道事務所様

担当者から

土木部門並びに通信建築本部で連携して、7部門の補償業務管理士:延べ14人(下記国家資格を保有)が事業者及び関係者が納得する提案を行い、補償算定を実施します。

(1級建築士:4人、2級建築士:1人、測量士:3人、測量士補:3人、技術士補:2人)

HGC建築設計事務所水葉 幸治・永井 哲(照査)

page
top