わたしたちの提案
小水力発電

小水力発電

通常の水力発電は、大規模ダムなどを建設し河川の水を貯めて発電しますが、小水力発電は、水を貯めることなくそのまま利用する発電システムです。

環境への負荷が少なく(クリーン)、少額の出費でまかなえる(ローコスト)、低炭素社会実現に向けた再生可能エネルギーのエースです。

小水力発電で水資源の有効活用を

こんなところで小水力発電に注目!

小水力発電は、流れている水のエネルギーを利用するものであり、一定の流量と落差があれば発電は可能です。農業用水、河川維持流量、上下水道など無駄に流されている水エネルギーの活用が注目されています。

農業用水の利用

農業用水落差が大きく流量も豊富な場所はたくさんあります。落差が大きい地形には、用水を安全に通水するためにエネルギーを減じる落差工を設置しているところもあり、これを利用して小水力発電を行うことができます。

河川維持流量の利用

仏原ダムダムからは常に一定量の放流が行われます。これは河川として機能を維持するために行われるものであり、放流する水を活用して発電することができます。

上下水道の利用

上下水道で落差の大きいところには減圧バルブを設置しエネルギーを逃しています。この減圧バルブの代わりに小水力発電を入れることができます。

経済性のある候補地とは

候補地の中でも、流量が年間を通じて安定しており、有効落差を確保できる地点が経済性のある候補地となります。その中でも、工事コストが安くすむ地点、既得水利権が利用でき申請手続きの簡略化が可能となる地点についてはより良い候補地となります。

流量が年間を通して安定して、有効落差があるとは?

年間を通じて水量(流量)が増減しない、農業用水路(※非かんがい期は新規発電水利の取得が必要)やダム維持放流施設、水道設備(導水管や送水管など)などは安定した流量が見込まれ、また発電に必要な落差(有効落差)もありますので、有望な候補地点となり得ます。

既得水利権を利用できるとは?

川や水路などに流れている水は、原則その水を使用する者に対して、国や県などが使用許可を与えています。したがって、発電に使用する場合も必ず水を使用する許可を得る必要があります。ただし、すでに水を使用している者がその水を利用して発電を行う場合は、新たな水の使用許可(これを新規水利権といいます)を得なくても、既得の水利権(すでに許可を得ている水を使用できる権利)のみで行うことが可能な場合があります。この場合は、煩雑な法的手続きを簡素化することができるため、非常に有利となります。

工事コストが安くすむとは?

nakano_housuiro発電に必要な要素は、落差と流量ですが、発電事業を継続的に行う場合には、経済性(収益が見込めること)が大変重要になってきます。そのため、発電するための工事が多いと投資したお金を回収するための期間が長くなり、維持管理するために必要な経費が将来不足することにもなります。したがって、工事コストがかかりすぎない地点を選定することが大事です。(上記の経済性のある候補地を参照)

発電した電気の利用法(導入目的)

自家消費により電気代を削減

公共施設(避難施設)などにおいて、防災対策の一助として小水力発電施設を設置し、非常時の電源供給を行い(通常は施設の電源として利用(自家消費)、余剰分のみ売電する場合もある)

売電収入により各種事業の維持管理費を軽減

農業用水施設での発電の場合、売電した収入について発電施設の運転経費や維持管理費のみならず、土地改良区が管理する土地改良施設全体の維持管理費に充当できます。

小水力発電のメリット

安定した発電が可能

太陽光発電や風力発電は天候に影響されますが、水力発電は大きな影響を受けず、昼夜問わず安定した発電が可能です。また、土木設備の比率が高いことから、総合耐用年数が他の発電方式と比較して長くなります。

水力発電は、運転停止を伴う補修・事故停止が少なく、他の発電に比べて供給信頼度が高いことが特徴です。

経済面で総合的に優れる

主な電源の発電コスト
出典:資源エネルギー庁 発電コスト検証ワーキンググループ(2015.5)

原子力発電や火力発電に必要となる燃料が不要となり、長期的な発電コストが安定しています。また、水力発電は突発的な燃料価格の上昇に対しても影響を受けないため、経済性が高くなります。

 

環境にやさしい

地球温暖化など環境問題への関心が高まる中、水力発電は二酸化炭素を排出しない環境に優しいクリーンエネルギーです。

お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

[第二土木部]076-432-9918

WEBサイトからのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム
page
top