年間100以上の通信基地局を建設
構造設計のプロフェッショナルに
K.K.
2012年入社 通信設計部

入社を決めた理由

大学の環境建築学部で学び、将来は建築設計事務所で働きたいと考えていました。ただ、建設業界は残業が多いなどブラックなイメージがあり、就職活動の際には不安も感じていました。設計事務所やゼネコンなどの説明会に参加した中で、当社は北陸電力グループの会社であり、労働環境がしっかりしていることを知り、とても魅力を感じました。また、北陸電力グループの仕事があるため、不況時にも安心感があるのではないかと思い、入社することを決めました。

仕事内容とやりがい

2012年の入社以来、通信設計部に所属し、現代の生活に欠かせないスマホ等の通信に必要な基地局の建設に携わっています。途中、約1年半は技術派遣として、東京の大手電気通信事業者で勤務しました。現在はビル局の建設に携わり、アンテナや無線機器といった通信設備を支持する支持柱や架台等の鉄骨構造物の構造計算を行っています。通信設備を既存の建物の屋上や壁面に設置する際には、建物自体の構造安全性も確認します。毎年100局程度の基地局を担当しており、基地局を設置する建物は多岐にわたるため、病院や空港など様々な建物の構造を確認できるところが面白いです。設置方法が難しい物件の検討依頼が弊社に来ることもあるので、それを解決してお客さまに感謝されたときには、大きなやりがいが感じられます。

仕事で大変だっとこと

昨年、一級建築士の資格を取得しました。一級建築士の試験は独学が難しいとされているため、資格学校で学ぶ費用を負担してもらえる会社の制度を利用して試験勉強をしました。今後はさらに実務経験を積んで、建物構造のプロフェッショナルである構造設計一級建築士の資格取得も目指したいと思います。

会社の自慢できる点

残業時間がしっかりと管理されていて、ワークライフバランスに配慮する風土が根付いていると思います。私は現在、在宅勤務が中心なのですが、子どもがいて夕方から妻の負担が増えるので、フレックス制度を利用して朝7時すぎから仕事を始め、16時頃には終了するよう調整しています。育児休暇、看護・介護休暇、在宅勤務、フレックス勤務などは、どれも制度があるだけでなく、取得しやすい環境であることが一番重要だと思います。私自身、周りの人たちにとても助けられていますし、チームメンバーが家庭の事情などで大変な時には、積極的に協力したいと思います。

就活生へのアドバイス

当社のホームページを見ている方は建築・建設業界に就職したいと考えている方が多いと思いますが、建物に携わる仕事は多岐にわたるので、いろいろな企業を調べて比較することが大切かと思います。可能であれば、建設現場を体験できるインターンシップに参加することをおすすめします。私もいくつかの企業のインターンシップに参加して、興味を持ったり、自分に合わない仕事に気がついたり、とても勉強になりました。当社でも随時インターンシップを開催しているので、少しでも興味のある方はぜひ参加してみてください。仕事選びに役立つ発見が、きっと得られると思います。

ENTRY

募集要項

新卒採用 募集要項
中途採用 募集要項
CONTACT

採用に関するお問い合わせ

ENTRY 新卒・中途